新居昭乃 LIVE TOUR 2009「ソラノスフィア」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

行ってまいりました。昭乃さんライブ。

結論から言って、今回は特にレベル高かったのではないのでしょうか? だってメンバーが最強の布陣なんですけど(笑)
ボーカル:新居昭乃さん
バイオリン:藤堂昌彦くん
ギター:堀越信泰さん
エレクトロニカ&ギター:保刈久明くん
ベース:渡辺等さん
ドラム:ASA-CHANG
ゲストボーカル:柚楽弥衣さん

そして等さんと昭乃さんのだけの楽曲といえば「昼の月」かと思いきや、今回は「Adesso e forutuna ~ 炎と永遠 ~.」でした。
編曲の感じはベスト版に収録されている方が近かったです。だけど全く同じではないです。

■ライブ演奏目録(順番はうる覚え) 鏡の国
Monday, Tuesday
ターミナル
きれいな感情
虹色の惑星
The Tree of Life
ノルブリンカ
印象
太陽の塔
Adesso e forutuna ~ 炎と永遠 ~
夜気
Lhasa
瓦礫の楽園
降るプラチナ
鉱石ラジオ
Orient Line
Haleakalā
花かんむり
蜜の夜明け(狼と香辛料オープニングテーマ)
At Eden
この布陣でのバンドサウンドは凄く良かったです!!
オープニングを飾った「鏡の国」、「Monday, Tuesday」はアルバムと編曲的には同じですが、少しモタった感じで凄くよかったです。
澄み渡る昭乃さんの声が響き、ASA-CHANGの不思議な打楽器の「ノルブリンカ」 (ここらへんは鳥肌もの) そして等さんと昭乃さんだけの「Adesso e forutuna ~ 炎と永遠 ~」は昔から聴いているはずなのに胸を熱くさせられました。
等さんのマンドリア(?)の音がなんとも・・・・・・・・・音的にはシャ・リオンのオープニングの音に近いかな。
白血病を乗り越えてきた少女のエピソードと共に紹介され、
等さんのアドリブ的な演奏とASA-CHANGの打楽器、マー君のバイオリンでアルバムの雰囲気を醸し出す「Lhasa」(ここらへんも鳥肌もの)
そしてノリノリで保刈さんがギターを弾く「Orient Line」(あんな保刈さん初めてだ(笑))
そして柚楽弥衣さんとの共演の「Haleakalā」(7人総出での演奏はただただ圧巻)
昭乃さんピアノと弥衣さんvoiceの「花かんむり」
新曲の「蜜の夜明け」
今回は座席的にも恵まれ、(アリーナ、センターの前から7列目)音響環境は物凄く良かったです!! 出来れば、もう一回行きたい。もしくはライブDVDでないかな~ あとライブパンフレット購入。こちらは次回再度レポートします。

このページのトップへ戻る