大塚英志・森 美夏「北神伝綺」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

天皇は神が遣わした神の子孫であり、日本人先住民説などあってはならない。
認められるような事があれば日本の統治システムを根幹から否定する事になる。

民俗学3部作の一つ。 柳田國男を狂言回しに影の民俗学者・兵頭北神が紡ぐ闇のフィールドノート。 内容はフィクションですが、ベースになっている世界観とかは結構事実に近いものがあるので昭和の時代の雰囲気、空気感、民俗学とは何なのかが良く分かります。 情報量が多くしっかりした内容です。 靖国神社の問題とか日本が何故、太平洋戦争に向かったのかとかも興味が湧いてくるかもしれません。 これを読んでいると田原さんの「朝まで生テレビ」とかの議論が理解しやすくなります。

このページのトップへ戻る