タグ「新居昭乃」が付けられているもの

新居昭乃ライブ「水の神殿」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

行ってまいりました。昭乃さんライブ!!
, 場所は東京国際フォーラム。クリスマスに染められていて、ウキウキしてくるような場所で、音響も良かったです。(前も一回東京国際フォーラムで聴いた時も印象が良かったです。)

で今回の編成はアコースティックで

カルテット
藤堂昌彦(ヴァイオリン)
真部裕(ヴァイオリン)
室屋光一郎(ヴィオラ)
多井智紀(チェロ)

コーラス
袖楽弥衣さん

EG
ホガリくん

vocal,pf
昭乃さん

新居昭乃 LIVE TOUR 2009「ソラノスフィア」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

行ってまいりました。昭乃さんライブ。

結論から言って、今回は特にレベル高かったのではないのでしょうか? だってメンバーが最強の布陣なんですけど(笑)
ボーカル:新居昭乃さん
バイオリン:藤堂昌彦くん
ギター:堀越信泰さん
エレクトロニカ&ギター:保刈久明くん
ベース:渡辺等さん
ドラム:ASA-CHANG
ゲストボーカル:柚楽弥衣さん

種ともこ「LOVE SONG」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

今回は種ともこさんの名曲「LOVE SONG」です。この曲の作曲は新居昭乃さんです。
何故、彼女が自分で歌わず、種ともこに託したのか?
それはこの曲を聴けばおのずと理由が分かるような気がします。

新居昭乃「ファルコム コレクション」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

今日は、もの凄く昔の頃の新居昭乃さんの歌です。

この頃の新居昭乃さんはゲーム音楽の主題歌を歌っており、ファルコムの「イース」などで使われていました。
この頃の曲を聴いても、昭乃さんの声に魅かれます。昭乃さんが歌うと他にはない素敵な曲になるのはすごいです。もちろん作曲さんたちも凄いのですが・・・

新居昭乃「金色の時、流れて」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

今回は新居昭乃さん「金色の時、流れて」です。

この曲を聴いた時はもの凄く感動した覚えがあります。神秘的で神々しい楽曲でしっかりしたリスニング環境ではもうたまりません。

新居昭乃「Campos Neutros」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

大島ミチルさん作曲の異国情緒あふれる作品です。昭乃さん外国語の歌声ととハープのアルペジオで不思議な雰囲気を醸し出す楽曲です。

新居昭乃「Silent Stream」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

これも初めて行ったライブの時に初めて聴きました。

特に歌詞で「指と指が痛い」というフレーズの部分が凄く印象的で昭乃さんが歌うともの凄く切なく聴こえます。
なんて切ない曲なんだろうと当時はすごく思っていました。

新居昭乃「城」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

ZABADAK「IKON」 に入っている曲「城」です。
曲の切ない感じがとても昭乃さんの声に合っていると思います。良い曲です。

新居昭乃「窓枠の花」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

新居昭乃さん好きと言えど、この曲をいる知っている人は、そんなに多くはないと思います。 しかし隠れた名曲です。僕は初めて行ったライブでこの曲を知りました。またいつかライブで聴きたい曲です。

新居昭乃「ガリレオの夜」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

新居昭乃さんが歌う「ガリレオの夜」です。
いつかセルフカバーして欲しい曲です。

新居昭乃「ソラノスフィア」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

新居昭乃さんの5thアルバム「ソラノスフィア」が発売されました。
マスターリングはあのスターリングサウンドが手がけています!!

新居昭乃ライブ「Wanna be an angel」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

2009年4月10日 パリのライブのものです。
やっぱいい〜。

新居昭乃「さかさまの虹」公開

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

新曲が公開されました。しみじみ名曲な『さかさまの虹』です。カナミ様とのコラボであのゆるりとした世界感は構築出来たと思います。

新居昭乃ライブ「Early in Spring」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

行って参りました昭乃さんライブ in 国際フォーラム。
今回は内容が非常に良かったです。基本は前回をベースにしているのですが、今回幾つか変更になっていました。以下、曲感想です。

新居昭乃ライブ 20th annivversary live series "Happiness is Here"

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

行って参りました。昭乃さんライブ。ええ〜。2日とも行ってきましたよ(笑)

今回のメンバーは昭乃さん(vo, ep, gt ) 保刈君(gt, electronica) 細海魚君(ep, electronica), 掘越さん(gt), 青弦さん(cello)といつもと違った変わった編成。

このページのトップへ戻る