「Utility」カテゴリ

Underscore JSのUtility一覧です。

template() | Underscore JS 日本語リファレンス

  • 投稿日:

_.template()の引数にHTMLのコードスニペットを入れ(差し替える部分は<%- span_val %>のように括る)返された関数に指定のkey値を持ったObjectを入れるとコードスニペットに値が括られたHTMLが返される。

result() | Underscore JS 日本語リファレンス

  • 投稿日:

第1引数 object に対して第2引数をkey値としたその値が関数でないなら、そのまま値を返し、第2引数をkey値としたその値が関数なら this を第1引数にして返します。

このページのトップへ戻る